金秀グループ  崎浜 秀哉さん

プロフィール

会社名 金秀グループ(株式会社 金秀本社)
部署・役職 総務本部 人事部 人事課
入社歴 3年4ヶ月
名前 崎浜 秀哉
出身校 琉球大学 理学部
入社~現状までの職歴等 平成27年入社 総務本部 総務部 配属
平成30年  総務本部 人事部 人事課 配属

<人事担当者からのメッセージ>金秀グループ 崎浜 秀哉さん

1. 御社はどんな会社ですか?また御社の魅力は何ですか?

金秀グループは全10社からなるグループ企業です。建設業、卸売業、流通・小売業、保険、通信(携帯電話)、健康食品製造、観光サービス業と幅広い業種を持っています。
我々の強みは何と言っても「グループ力」です!会社や業種は異なっていますが、それぞれの会社間で連携し、業務だけではなく、運動会等のグループ行事や研修等を通し、積極的に交流を行っています。
2018年で創業71周年を迎え、皆さんからすると、堅くて厳しい社風をイメージするかもしれません。しかし、一歩中に入ってみると社員一人ひとりがとても温かくで気さくで、会社見学に参加した皆さんには、良いギャップを感じてもらっています。
現在は、グループ企業発展を支える一人ひとりの成長とキャリアアップを支援するための人事制度や研修プログラムを導入し、社員がさらに活き活きと働ける企業を目指しています。

2. 新卒を採用するメリットや目的は何ですか?

新卒の皆さんは社内活性化の源泉です!
すぐに仕事ができるかどうかではなく、皆さんが真摯に仕事に取り組む姿は周囲の社員にも大きな刺激とやる気を与えます。
また、皆さんならではの目線や物事の捉え方は、長年働いてきた社員とは違う点があり、より良い気づきに繋がると考えます。
さらに先輩社員たちも、皆さんと一緒に仕事をする中で、どのように業務を教えたらいいのか、リーダーシップを発揮して皆さんと一緒にうまく連携していくにはどう取り組んだらいいのかなど、自分自身についての振返りや、学ぶ機会につなげることが出来ます。

3. 御社が必要とする人物像はありますか?
また、採用したくなる学生の傾向について教えてください。

金秀グループが募集している人物像は「自ら解決まで考え、提案し、実践できる人」です。
この人物像は、金秀グループの人事制度の中で、グループ社全員が目指す人物像として設定しています。
自分自身の過去の経験や持っている知識から頭を働かせて思考し、そこから向上心を持って物事に取り組み、仲間や関係者への感謝の気持ちを忘れず、前進して変化や改革を起こしていける人材を目指そうという意味が込められています。
もちろん、完璧を求めているわけではなく、私たち社員も一緒になって、共にこの人材像を目指していきましょうという意味で掲げています。
まずは金秀グループのことを知ってもらい、そして、金秀の一員として、活き活きと働く姿が皆さんの将来像としてマッチするか、ぜひ一度考えてみていただきたいです。
皆さんが入社された際は、私たちと一緒に、自ら行動できる人物を目指していきましょう!

4. 同業他社との差別化はどのように図っていますか?

グループは一つという強い結束力が強みです。

5. これからの御社の事業展開や展望について教えてください。

VISTA555という目標があります。
これは、利益を追求することだけではなく、社員の働きがいの向上や働きやすい環境づくりを目指そうという取組です。どんな方でも金秀の1メンバーとして歓迎される柔軟な勤務体制作りや、ただ額に汗して働くのではなく業務の重要性を今一度見直して仕事の質を上げ、意見や疑問を出し合って共通理解の上でより良い方向を見出していくことを目指しています。
また、永続する企業という意味で「100年企業」を目指していますので、各会社目線だけでなく、1グループとして成長するためにどうあるべきか常に意識し、総合力を強化するために全社一丸となって取り組んでいきます。

6. 仕事で心掛けていることや、大事にしていることは何ですか?

私が仕事で心掛けている事はコミュニケーションです。
人事という部署は人と関わる事の多い部署です。採用活動においても学生の皆さんと直に関わりますし、金秀グループの社員とも研修を通して接する機会が多くあります。
学生の皆さんとは、より学生の気持ちに寄り添い会話をする事で採用のミスマッチがないように、社員の皆さんとはより円滑な業務が行えるように、些細な事でもコミュニケーションを取るように意識しています。
人事という部署に限らず、仕事は相手の信頼なくして出来るものではないので、常日頃から自ら進んで色んな方とコミュニケーションを取るように心掛けています。

7. 社会人になる前に、学生のうちにやっていてほしいことは何ですか?

学生のうちは、自分の趣味や部活など、何か一生懸命になれるものを見つけてほしいと思います。自分のやりたい事なら、大変でも、やや無理をしてでも挑戦したり続けようとしますよね。
自分の意志で一歩踏み出す経験は、その後の皆さんの人生において、きっと大事なものになると思います。好きな事には良いも悪いもないと思いますので、皆さんの人生に深みを作るべく、何かに熱中することはとても価値のあることだと思います。振返ったときに、「あれには熱中したな」とか「私の学生時代といえばこれ!」と思える学生時代って素敵だと思いませんか。


最後に、就活生へメッセージをお願いします!

就職活動は社会人へと一歩前進するために、自分自身を見つめなおす貴重な時間だと思います。自分自身を振返り、どんな事に興味や情熱をもって取り組んできたのか、そういった過去をもう一度思い出してみてください。自分らしさややりたい事がおのずと見えてくるのではないでしょうか。
そこから自分にマッチする会社発見のヒントに繋がると思います。
皆さん、悩んで悩みぬいて、どんどん前進していってください!


TOPに戻る