ヒルトン沖縄北谷リゾート&ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 安里 香南さん

プロフィール

会社名 ヒルトン沖縄北谷リゾート&ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート
部署・役職 人事業務部 HRコーディネーター
入社歴 2年4ヶ月
名前 安里 香南
入社~現状までの職歴等 県内他ホテルにてフロントデスク担当としてフロント業務全般に携わる。
2016年4月にヒルトンの人事担当として入社し、2018年6月からはヒルトン及びダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートの両ホテルの人事を担当。採用・労務管理など人事業務全般に携わる。

<人事担当者からのメッセージ>ヒルトン沖縄北谷リゾート& ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 安里 香南さん

1. 御社の業界について詳しく教えてください。

私たちは主に「客室・レストラン・宴会・ウェディング」といった商品を販売しています。しかしこれらの商品を陳列して販売している訳ではなく、お客様のニーズに合わせてリクエストにお応えしたりプランニングをしたり時にはお客様の期待を超える付加価値をつけて販売することもあります。だからこそ様々なニーズを持つお客様に対応するための知識とスキルだけでなく「目の前のお客様のために何かしてあげたい・喜んでいただきたい」こうしたホスピタリティーマインドがこの業界で働くには不可欠です。私たちのような外資系ブランドホテルには海外からのお客様も多くいらっしゃるため文化や言語、価値観の違いを尊重することも大事な役割の一つとなります。機転を利かせることや常に先回りして考え行動することなど多種多様なお客様に対応する多彩な「人間力」が求められる業界でもあります。

2. 御社はどんな会社ですか?また御社の魅力は何ですか?

ヒルトンでは、新入社員からGMまで全チームメンバーにトレーニングに参加する機会と環境が与えられており、語学やサービススキルを高めるプログラムの他にキャリアやマネジメントに関するトレーニングなどが豊富に用意されています。また、チームメンバーの成長やチーム全体のレベルアップのために会社全体が手厚くサポートしてくれる環境が整っている点は当社の強みだと思います。そして、グローバル企業だからこそ私たちが活躍できるステージは世界中に広がっていて、自分次第でキャリアの可能性を広げることができるいうことも、大きな魅力の一つです。実際、今回ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートの開業時にはヒルトン沖縄北谷リゾートから転籍や昇進の機会が約60名近くに与えられました。若手であろうと経験豊富なチームメンバーであろうときちんと能力を評価されるカルチャーが私たちの強みでもあります。

3. 新卒を採用するメリットや目的は何ですか?

毎年4月に新入社員が入社する時期になると、社内がいつも以上に明るい雰囲気に包まれます。新入社員には社内にフレッシュなエネルギーをもたらすパワーがありますし、新人スタッフを指導していくうちに、だんだんと先輩として成長していく若手社員の育成にも繋がっています。また、沖縄県の主要産業である観光業界において優秀な人材を生み出していくことも私たち企業の役割だと思っています。より若い世代にこの仕事の意義や素晴らしさを感じてもらい、今後の観光業界を担う人材育成の貢献に役立てれば幸いです。

4. 御社が必要とする人物像はありますか?
また、採用したくなる学生の傾向について教えてください。

Proactive(積極的)に行動できる人材です。ヒルトンでは、日々の業務でもトレーニングでも"Proactive"に物事に取り組む姿勢を大事にしており、より"Proactive"な方こそ、人一倍成長します。それはマネージャーやリーダーだけでなく、全チームメンバーに求められており、特に新入社員の皆さんには新しいことにどんどん率先して取り組んでいって欲しいと思っています。当社には、役職や年齢に関係なくチームメンバー誰もがイニシアチブを取って活動できるカルチャーがあります。そういった環境をフルに活用し、自分自身の成長に繋げていって欲しいですね。

5. 同業他社との差別化はどのように図っていますか?

Hiltonというブランド力は私たちホテルの最大の魅力です。「ヒルトンなら見知らぬ土地であっても快適な滞在を提供してくれるだろう。」世界各国からいらっしゃるお客様にそう思って選んでいただけることをとても誇りに感じています。また、国際経験豊かなマルチリンガルスタッフによる洗練されたサービスと、沖縄ならではの温かいおもてなしで当ホテルを訪れるお客様のあらゆるニーズにお応えすることが可能です。世界最大のホテルブランドであるという安心感と沖縄の素晴らしい文化や風土とのコラボレーションが多くのお客様に選んでいただけるきっかけになっているのだと思います。また、ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートがオープンしたことにより、ヒルトン沖縄北谷リゾートとの施設相互利用が可能となりました。1度のご滞在で両ホテルの5つプールを使用することが可能となりホテル内でのご滞在も楽しんでいただけいるような作りとなりました。

6. これからの御社の事業展開や展望について教えてください。

沖縄県内には現在ヒルトン沖縄北谷リゾートの他にダブルツリーbyヒルトン那覇、2016年7月に開業したダブルツリーbyヒルトン那覇首里城、そして2018年6月に開業したダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートの計4件のヒルトンホテルがございます。また、すでに発表されている「ヒルトン沖縄金武(仮名)」や「ヒルトン瀬底リゾート(仮)」など県内におけるヒルトンホテルの展開が今後も予定されており、沖縄を訪れるお客様のニーズに合わせたご滞在を提供致します。また、姉妹ホテルの開業は私たちチームメンバーにとってより豊富なキャリアの選択肢と機会に繋がり、将来の活躍の場を広げることが可能になるのです。

7. 安里さんが仕事で心掛けていることや、大事にしていることは何ですか?

チーム、学生の皆様、そしてビジネスパートナーの皆様とのコミュニケーションを大事に心がけています。以前フロントスタッフとして働いていた際に上司から「常に女優になった気持ちでいなさい。」と言われたことがあります。もちろん、完全に女優になることは難しいですが(笑)。お客様はいつ、どこで自分のことを見ているかわからないので、ホテリエとしての立ち振る舞いや所作、また話しかけやすいオーラを出すなど「この人なら悩みを相談したい」と思ってもらえる人材になりたいですね。フロント時代に心がけたことは人事部として働いている今でも役に立っています。

8. 社会人になる前に、学生のうちにやっていてほしいことは何ですか?

いろんな事に興味を持ち、行動することだと思います。
旅行や趣味、資格取得やアルバイトなど、どんなことでも結構です。学生時代にしかチャレンジできないことをぜひ楽しみながらやって欲しいと思います。また、当ホテルに内定した学生さんにアドバイスしていることは、沖縄観光をすることです。地元に住んでいると観光地に行く機会は意外と少ないですよね。だからこそ、実際に足を運んで自分で体感する必要があると思いますし、情報量の多さは将来ホテリエとして必ず強みになります。地元の人しか知らない穴場スポットやお客様の好みに合わせたオススメの観光地をご提案することで、お客様の沖縄旅行をより豊かにするお手伝いができるはずです。


最後に、就活生へメッセージをお願いします!

就活は苦しい、辛い、というイメージをお持ちの学生さんも多いようですが実は自らのことをじっくりと見つめ直すことの出来る素晴らしい人生の分岐点です。家族や友人だけではなく、先輩や就職課の先生に様々な悩みや疑問を相談して視野を広げながら、より多くの人を巻き込んでチャンスをものにしてくださいね。前向きな思考は皆さんの言動にも必ず影響するので、きっと企業の方も見てくれていますよ。


TOPに戻る