プロフィールProfile

リウボウグループは、1948年(昭和23年)に琉球貿易商事(株)として創業し、常に変わらぬ「地域社会への貢献」と「お客様第一主義」の基本精神で事業活動を行ってまいりました。
 県内唯一の百貨店として伝統をしっかりと継承し、更にプラスした今の価値感や商品・サービスを提供する役割と責任が、デパート『リウボウ』にはあります。
 その取り組みは、次の2つとなります。

1. 2011年からスタートしたリモデル(改装)より更に独自性を追求し、「デパート・ハイ」「リゾート・ハイ」「トラベル・ハイ」をコンセプトに、沖縄のいいモノ、日本のいいモノ、世界のいいモノ、身体にいいモノを展開する「樂園百貨店」を立ち上げました。

2. 「変革」「実行」「スピード」を業務改革のスローガン  に掲げ、「現場力」を高めることで、他に真似の出来ない「丁寧な接客」を実現し、「最高のお買物体験」に繋げることを目指しています。

琉球貿易商事から受継がれたDNAをデパート『リウボウ』が中心となり、「最良の商品」と「最高のサービス」を提供できる企業へリウボウグループを成長させていきます。


事業内容Business

・各種商品小売業(百貨店)


会社データData

設立

2011年3月1日

代表者

代表取締役社長 糸数 剛一

資本金

3億8,000万円

売上高

178億500万(2017年2月)

従業員数

234名(2018年3月現在)

関連会社

(株)リウボウ、(株)リウボウホールディングス、(株)リウボウストア、
(株)リウボウ旅行サービス、(株)リウボウ友の会、(株)沖縄ファミリーマート、
(株)沖縄マックス化粧品販売、(株)流通アシスト、(株)リウボウフーズ、
(株)リウボウ商事、(株)G.R.I

web


沿革データHistory

1948年 琉球貿易商事(株)設立
1964年 (株)リウボウへ商号変更
1990年 (株)リウボウインダストリーを設立する
1991年 (株)リウボウより百貨店営業権を譲り受け
那覇市久茂地1-1-1(パレットくもじビル)にリウボウ(百貨店売場面積 1万8,137平方メートル)を開店する
1997年 (株)リウボウシティークリエイトとの合併により資本金30億円とする
2003年 (株)文教図書からパレットくもじ書籍売場を譲り受け(売場面積700平方メートル)
売場面積1万8,837平方メートルと変更する
2003年 (株)西友保有全株式を県内企業23社へ譲渡
2004年 A・D・O(全日本デパートメントストアーズ開発機構)に加盟
2011年 (株)リウボウインダストリーを(株)リウボウホールディングスへ商号変更(持株会社)。
会社分割により新(株)リウボウインダストリーを設立、百貨店事業を承継し、現在に至る。(2016年3月現在)
2018年 パレットくもじリウボウ開店27周年を迎える。