トップの声

株式会社オンデーズ 代表取締役社長
田中 修治

社会にでて肝心なのは「本気で挑むこと」。
人に頼らず自分の足で立っていくということ。
夢とか目標なんてものは、毎日頑張って魂を振り絞って精一杯生きた人にだけ、ある日突然神様が与えてくれるご褒美みたいなもの。
今のところあなたがもし、コレといった夢も無く毎日を生きているようだったら、OWNDAYSっていう会社に入ってみるのもいいかもしれない。
そんでとりあえず「日本一のメガネ屋になる」っていう共通の目標を通じて働いていくうちに、毎日を頑張って生きる事の大切さや仲間と何かを成し遂げる喜びみたいなものに気づけるかも。そしてその道を歩く過程で、あなたがあなたの本当に追い求めるべき「夢」みたいなものに出会う事ができて、仮にそれがOWNDAYSが進む道には無くて、別の道に進むことになったとしても、OWNDAYSで過ごした日々がきっかけで、ちょこっとでもあなたの人生を豊かにする事ができたなら、自分はこの会社を創った意味があったと思うし、一時でもあなたと共に働いた事を誇りに思う事ができると思う。
せっかく生まれたんだから、一生懸命生きてあげなきゃいけない。
それは生まれてきた自分に対する責任だと思う。
ここまで読んで「わかるわぁ~」と思った人が応募してきてくれたらすごく嬉しい。


人事の声

人事部 沖縄地区採用担当
中村 綾

2014年4月入社/沖縄国際大学出身/沖縄地区採用担当

OWNDAYSには色んなことに挑戦できる環境があり、日々刺激を受けられるという意味で「背中を押してくれる場所」だと思います。
私は入社した当初、県内の店舗スタッフとして勤務を始めました。数ヶ月経った頃には県外の大型店舗で1ヶ月間の応援も経験しました。沖縄に帰ってきてからは、新たなことにチャレンジしようと思い、販売職でありながら人事部の社内公募に応募し、現在沖縄地区の採用担当をしています。
私自身もOWNDAYS独自の社内制度やその環境を利用して、今までの人生には無かった多くの経験をさせてもらい、企業理念である「関わる全ての人が豊かになるように」という事を身をもって実感しています。
皆さんもOWNDAYSで新しい何かを経験して欲しいと思います。


社員の声

営業部
スーパーバイザー

登野原 亜実

営業部
沖縄地区エリアマネージャー

中田 将也

人事部

店舗販売スタッフ

伊野波 美汐

登野原 亜実

◇部署 営業部 スーパーバイザー
◇出身校 小禄高校

 
 
 
 
「新たな視点で、新たな成果を。」
今は沖縄の5店舗の売上管理や人員の確保、教育を中心に行なっています。
いろんな店舗の弱みっていうのがあると思うんですけど、ずっと店舗にいるとなかなか気づけないんです。そんな弱みを少しずつ改善していって、数字に繋がったときが一番嬉しいですね。今までは店舗に立って対お客様がメインだったんですけど、スーパーバイザーになってから毎月行う面談などを通してスタッフとの関わりも多くなったので、スタッフの成長のサポートも行なうようになりました。
特に周りの人が目標を持って働けるようにサポートすることに一番のやりがいを感じますね。ただ毎日時間が過ぎるのを待っている人も中にはいますが、そういう人たちが目標を持って働くためにいかにサポート出来るか。そういった中で、自分が教育に携わってきたスタッフが「わたしも店長になりたい」とか目標を持って頑張ってくれている姿を見ると、やっててよかったなと思いますし、やりがいにも繋がっています。
OWNDAYSはたくさんライバルがいて、ライバルと戦っていくことができる場所。その中でお互いに成長しあって、いろんなことに挑戦していくことが出来ます。若くても経験が浅くても、誰でも挑戦できるという他の会社にはない独特の立候補制度があります。まだ経験の浅い私でも、スーパーバイザーという役職につけているのでとても楽しく充実しています。自分がやりたいことに対して積極的にアピールして、手を挙げれば挑戦する場所がたくさんあるっていうのはやっぱり一番の魅力だと思いますね。

中田 将也

◇部署 営業部 沖縄地区エリアマネージャー
◇出身校 那覇情報システム専門学校

 

「チャンスが平等に。そして無限に。」
手を挙げれば出世できるというOWNDAYSの社風を聞いて興味を持った。
入社後、その社風は本当なんだと確信に変わる。
通常、社歴や経験値、年齢、学歴等で判断される役職はすべて立候補制。
誰にでも挑戦する権利が与えられていて、そのチャンスを生かすも殺すも自分次第。
挑み続けることができる環境の中で、自分のビジョンをいかに具体的に持つことができるかその大切さに気付かされた。
不意に訪れるチャンスを逃さないように、常に自分の目標を明確にしていた。
手を挙げた店長選考会は5回。そのうち4回は落選。でも諦めなかった。
選考に敗れてもそこから学ぶこともたくさんある。
5度目の選考会で店長に任命された時は、本当に嬉しかった。
やっと掴んだチャンス。
必ず実績を生んで、さらなる次のステージへと進みたいと思った。
そして、挑み続けた結果、初めて店長に就任してから3年後…
史上最年少で営業管理職の最高峰であるエリアマネジャーになった。
一人でも多く「挑戦する楽しさ」を伝えたい。
入社してから、仕事の楽しさや、やりがいを知ることができた。
挑戦する楽しさと厳しさを教えてもらった。
出会った仲間は、互いに刺激しあい、成長しあえるいいライバルたちで、上司には「がむしゃらに頑張れ。」と背中を押してもらえた。
だからこそ、今度は後輩や今いるスタッフの育成に力を入れて、一人でも多く「挑戦する楽しさ」を伝えられたらと思う。
自分もまだまだ成長段階。これからも挑み続けていく。

伊野波 美汐

◇部署 人事部 兼 店舗販売スタッフ
◇出身校 琉球大学

 
就職活動で自分がどんなことがしたいのか、何が向いているのかわからなくて不安になる人もいると思いますが、いろんな会社を見たり、自己分析をしていくうちに、新しい自分を見つけることができます。就職活動をしている今しか持てない悩みだと思いますので、その悩みも含めて就職活動を楽しんでほしいです。
色々調べていく中で、OWNDAYSが自分に合っていそう、楽しそうと思っていただけたら嬉しいなと思います!